それが命の火だとして、人の体を燃やしてゆくと、最後に残るのが爪の灯のような気がする。
爪の灯ごしに見た貧しい幻なのだろうか。人のいとなみは。
その女の人はもうずっとその地にいる気がする。 その人がそこにいて話す声を、
無駄話でもたわごとでも何でもずっと聞いていたくて、これを書きとめはじめた。
                                      角ひろみ

[劇場]
東京・両国 シアターXカイ
[料金] 全席指定
 一般 4,800円 / ★夜割 4,000円(19:00の回限定)

[チケット取扱い]
演劇集団円
0422-29-8135
イープラス/チケットぴあ 0570-02-999

[日程]5月19日(金)→28日(日)
 

−出演−

高林由紀子

大谷朗

高間智子

山崎健二

横尾香代子

上野直美

石井英明

吉澤宙彦



戎哲史
坂本晃

馬渡絢子


角ひろみ新作書下ろし作品

作者は、2014年に上演した女流劇作家シリーズ「囁谷シルバー男声合唱団」で岸田戯曲賞最終候補となった角ひろみさん。彼女が、滅びゆく宿とそこを営む女主人(高林由紀子/同シリーズ「初萩ノ花」で読売演劇大賞優秀女優賞受賞)を軸に何かを押し隠して生きている人々を独特の会話体とリズムでユーモアを交え描いてくださいます。ご期待下さい。

[スタッフ]
美術:池田ともゆき 照明:佐々木真喜子 音響:穴沢淳 衣裳:半田悦子
舞台監督:大島明子 演出助手:金子裕明 
宣伝美術:ミネマツムツミ チラシ画:牡丹靖佳 制作:桐戸英二
 作:角ひろみ 演出:國峰眞